体力の落ちた人にも安全なユニットバスへのリフォーム

体力の低下した高齢者が転倒などのけがをしやすい場所のひとつに浴室があります。脚を上手く上げられなかったり、よろけた瞬間に上手く身体かばうことが出来ない人にとって、滑りやすいお風呂は危険があふれた場所です。若い年代ならば難なくできるような浴槽をまたいでお湯に浸かるという行為も、身体の機能が衰えた人にとってはとてもたいへんな作業になります。そんなときでもユニットバスにリフォームすることで、体力の低下した人がより安心して入浴を楽しめる浴室にすることができます。

ユニットバスにリフォームする際に、介護にも配慮した工夫が施されたものを採用すれば、安全に遣いやすい空間を実現させることが出来ます。具体的には浴槽への出入りのしやすい高さの埋め込み式の浴槽にすることで、またいで出入りすることが各段に楽にできるようになります。また、浴槽に体を横たえてから今度は外に出るときにも、つかみやすく力を入れやすい手すりを設置すれば、自力で浴槽の中で立ち上がりやすくなります。ユニットバスへのリフォームは、そうしたきめ細かな配慮を取り入れやすくなり、体力の落ちた高齢者にとっては勿論だし、高齢者に優しく使いやすい場所は結局幼い子供にとっても同じように安全で使いやすい場所となります。

幼児はやがて大きくなって自分で何でもできるようになりますが、高齢者は今ある身体の機能を少しでも長く維持できるようにすることが大切です。そのためにもユニットバスへのリフォームで安心して入浴できる浴室を実現することはとても大きな意味があります。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.