東京周辺でフロアコーティングを採用する際の知識

フロアコーティングは、住宅だけでなく店舗や公共の建物などのフローリングを長期間、美しい状態に維持していく事が出来る施工です。東京近郊でフロアコーティングをする際には、予め知識を得ておく事が大切になります。コーティングの中には、施工する原料が数種類あり、効果や仕上がりも異なります。まずは、ウレタンコーティングですが、ウレタンの樹脂を床材表面に塗布する施工です。

効果としては、耐摩耗性が向上するため床面が磨り減る心配がありません。おおよその耐用年数は、10年となっています。シリコンコーティングは、ウレタンと同じ耐久性で10年前後です。特徴としては、耐薬品性がある事からフローリングをはじめお風呂や台所、トイレなどの水廻りの周辺に多く使われています。

ガラスコーティングは、主成分がガラスで非常に強固な塗膜で床面を覆う事が出来ます。床の艶は控え目で素材の美しさを保つ事が出来ます。耐用年数は、20年前後となっており施工後は当面、メンテナンスが不要です。撥水効果も高く食べこぼしや水分をこぼしても清掃が簡単なメリットも有しています。

UVコーティングは、特殊な樹脂へ紫外線を当てて床材の表面を覆う施工です。耐用年数が最も長く20年から30年となります。摩擦や傷にも強く強固な塗膜のため床面がメンテナンスフリーとなります。以上、フロアコーティングはタイプにより得られる効果も大きく変わります。

東京近郊にて施工する場合は、コーティングに関する知識を持った上での施工が重要です。東京エリアには、専門の施工業者があるため施工期間、費用を含めた事前見積もりを依頼すると良いです。

関連記事

コメントする

Hey, so you decided to leave a comment! That's great. Just fill in the required fields and hit submit. Note that your comment will need to be reviewed before its published.